長安の後悔と愉悦

僕の名前は長安。三〇自動車の高級車両の製造ラインで働いている。自分の仕事に責任を持って対応するのが、モットーだ。


班長「今日から、パートナーになる「竿(さお)くん」だ。長安くんよろしく頼むぞ。」


じじい「初めまして、竿好男(さお よしお)です。」


白髪と髪の薄さ、風貌から70代に見える。冴えないじじいだ。よく採用されたなあ。人材不足というが、日本大丈夫か。


ピロン、ピロン♩

じじいの携帯が鳴る。ラインに持ち込んじゃダメと教えられなかったのか、というか切っとけよ。


じじい「はい。さおです。」と

イヤ、出るんじゃねえよ。


じじい「いや、もうすんません。すんません。今日中に必ず。」

なんかもめているな。


じじい「なな長安先輩、なななな、何とか、この電話代わってくだせえ。」と

電話からは、おいこらてめえの怒号が噴き出している。


製造ラインが止まると、先輩の自分の責任になるので、仕方なく長安は、じじいの電話を取る。経験豊富な長安は、闇金からの督促電話とピンと来た。適当に、闇金の兄さんを遇らう(あしらう)。


じじい「ありがとうございます。ありがとうございます。お礼がしたいです。是非お名前を。」


さっきも言ったが、「ながやす」だ。


じじい「いや、下の名前を。」


何で?。


じじい「自分、イク時に下の名前を叫ぶタイプなんで。」


(スパナでやるか。)と、長安は、手に力を入れるが、やはり製造ラインを止めることはできない。


長安「無駄口叩かずに、作業に戻って下さい。」

じじい「わ、わしの、ゆっ、唯一、人に胸を張って自慢できることなんじゃ。」と、じじいは、ズボンを脱ぎ始める。


ドカ、「あっ」長安は、思わず蹴り倒した。しまったと反省する。


じじい「おふ」と、よくわからない呻き声(うめき声)を出しながら、半ケツで、倒れる。


じじい「み、見るだけ、わしの、ケツマンコを、一目見てくだせえ。そしたら作業に戻りまするう。」と


長安「見たから戻りな。」


じじい「わしくらいになると、アヌスが視線を感じるんです。長安くんの視線が刺さってこない。ちゃんと見てください。ほれ♡。」


じじいが、両手で、ケツを広げる。


(ちっ)っと、長安は仕方なく茶番に付き合うことにして、汚えじじいのケツを見る。


「わん。くうん。」と、何故かそこには、ハナちゃんがいた。ハナとは、長安が昔飼っていた犬だ。


〜回想〜


ハナ「キャいん、キャいん。・・・くうん。」

長安「ハナ・・・。大人しくしろよ。」


幼い頃から、ませていた長安が、家で飼っていた美雌犬(びめすけん)のハナとその様な関係になったのは、クラスに2人か3人くらいはある、ごく自然な事であった。


ハナが妊娠した時の、長安の狼狽様(うろたえよう)は、家族も不思議がったものである。


・・・・・・・・・・・・


じじい「いつでもええぞ。・・・くうん。」


じじいのケツマンコは、ハナの花弁とそっくりであった。しかも、じじいは、ハナが発情した時の、鳴き声まで知っている。


(くそ。)長安は、初体験の射精感を期待しながら、抗し難い何かに誘われる様に、じじいのケツマンコに挑んだ。


・・・・・・・・・・・・


「次からは、1万円じゃぞ。」と、


放心状態の長安を横に、じじいは身支度を整えながら伝えた。


「あとは、長安くんの下の名前を教える事。そうそう、イク時は、ハナじゃなく、好男(よしお)と言ってくれ。じゃが、無理は言わん。」


長安は、激しく寄せる後悔の波に翻弄されながら、作業に戻った。


(2度とするか。)長安は、吐き捨てる様に、過去の事実を消したいと思った。


しかし、まさかこの意味不明の関係が続くとは、長安は想像できなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です