不定期 ショートノベル 佐藤の憂鬱
薔薇♡

北海道のある市役所に務める、名前は佐藤。


今日は木曜日の15時。業務がなぜか手につかない。目は、入り口の方に彷徨う。


スーッと、60代後半か70代の、じじいが入ってくる。

白髪まじりの、貧相な、中肉やや小柄の、どこにでもいるじじいだ。


誰の目にも入らない石ころの様なじじいだが、佐藤は、一瞬の熱い眼差しを送り、唾を飲み込み、席を立つ。


じじいは、佐藤に一瞥を向けることなく、市役所のトイレに入る。佐藤は、それを追いかける。


トイレの個室に入ると、佐藤は、じじいに1万円を握らせる。


じじいは、受け取り「せっかちじゃから、パンツは脱いで来たんじゃ。」と、


佐藤は、ベルトを外しながら、(分かってるんだ、分かってるんだが。)と、



〜回想〜



2ヶ月前、慌てふためきながら、じじいが市役所に相談室に来た。佐藤は当番であった。


じじい、「なななな、何とか、この電話を代わってくだせえ。」


携帯電話からは、おいこらてめえの怒号が溢れ出していた。


梲(うだつ)が上がらないじじいを敬遠したいが、勢いに呑まれて、佐藤は、意味が分からずじじいの携帯電話に出る。


どうやら、じじいは闇金に借りていた様だ。経験が豊富な、クレバーな佐藤は、闇金のニイちゃんを、説き伏せ、じじいを救った。


じじい「本当にありがとうございます。私の名前は、竿好男(さお よしお)と言います。お礼をしたい。是非お名前を。」


佐藤「佐藤です。」


じじい「下の名前は。」


佐藤は、不審に思った。なぜフルネームを。


じじい「いや、イクときに、下の名前を言った方が、ええじゃろからして。」


(こいつはキチガイ)と、佐藤は瞬時に判断し、丁寧に追い払おうとする。


じじいは、佐藤の心情を察知し、必死に、説得する。


「ワ、ワシの唯一の、自慢なんじゃ。」


と、ジジイは、相談室の個室でズボンを脱ぎ始める。


(蹴り倒そう。)が、佐藤は迷った。


相談室で老齢のじじいを蹴り倒すと、後々厄介そうだ。


佐藤は止まった(とどまった)が、しかし、蹴り倒した方が、良かった。


「いい加減にしないと、怒りますよ。」と、佐藤は丁寧ながら低い声で圧した。


「み、見るだけ、一回見るだけでも、わしのけつマンコを見てくれれば。なら、大人しく帰るから。」


じじいは、涙目で訴えてきた。


「一回見るだけですよ。」


何で、自分がじじいのけつの穴を見なくちゃいけないのか。いや、見たフリしてやり過ごすか。佐藤はそう判断し、じじいに話を合わせる。


ズボンを下ろすと、じじいは後ろをむき、屈んで


「ほいっ♡」と、


佐藤は、目を背け「はい、見ました。じゃあ、お帰りください。」と、


「いや、佐藤さんは、見ておらん。わしぐらいになると、けつマンコが視線を感じるんじゃ。視線来ん。」


(チっ)佐藤は、仕方なくじじいのけつを見た。


(薔薇が咲いている!?)


佐藤は、見入った。

じじいのケツに薔薇というギャップが、佐藤を日常の中の非日常に引き摺り込む。


〜回想〜


悦子先生「薔薇綺麗でしょう。」


佐藤「はっ、はい。(先生の方が・・・もっと綺麗・だな・・)」


佐藤は、小学校の花壇係。副担当の悦子先生と、花壇の手入れを行う。少し早熟な佐藤は、肉感的な悦子先生との作業を目的に、この係となった。


佐藤「痛って。」


薔薇の刺に引っかかって、人差し指に傷がつき、少し血が滲んだ。


悦子先生「あら。大丈夫?(薔薇は)気をつけて、優しく扱って(あつかって)ね♡。・・・パクっ。」


(アッー。)


佐藤の指が、生暖かい悦子先生の唇に覆われる。身動き取れない佐藤。しかし、指の先に全神経が集中され、最初の形容し難い成熟したメスの粘膜の感覚が、佐藤の未熟な脳に刷り込まれる。


そして、未熟な下半身が不意に勃起した。


・・・・・・・


じじいのピンクの花弁が悦子先生の唇に重なり、花弁の奥の漆黒の穴が、パクパクと何とも言えぬ感で誘う。


じじい「(薔薇は)気をつけて、優しく扱って(あつかって)ね♡。(肛門 パクパク)」


佐藤は、不意に、勃起した。何故悦子先生の言葉を知っているのか。


小学校時代から夢見た、悦子先生の口唇が目の前に。



「・・・登別市役所からのお知らせです。新型コロナの・・・。」



職場のアナウンスが流れる中、一心不乱に、悦子先生の唇に重ねて、じじいのケツマンコを堪能する佐藤。


・・・・・


「今日は、ただじゃが、次からは、1万円じゃ。」


激しい後悔に、苛まれ(さいなまれ)、嘔吐く(えずく)佐藤に対して、じじいは、身支度を整えながら、当然の様に伝える。


「あと、下の名前を教えるのが条件じゃ。では、また。」


そう言い残すと、じじいは足早に去って行った。


(二度とあるか。)佐藤は、早く忘れたかった。


・・・・・・


「うっ、うっ、やっくん(佐藤の下の名)。わしイク。・・・い、一緒じゃぞ。」

にしめた色の、手拭いで口を押さえながら、じじいから声を掛けられる。


佐藤は、無言で、しかし抽送を早めて、じじいを絶頂に導く。


「やっくん。・・・」


じじいの声を合図に、果てる途中から、佐藤は、またとてつもない後悔の念に、憔悴し始める。


じじい「・・・年末はお世話になりました。来年もよろしく。」と、トイレを後にする。


(今年で、終わりだ。糞爺。)と内心毒づく佐藤。


しかし半年続く、この関係はまだまだ続くのであった。

薔薇(バラ)の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です